漫画家になるためには

○ 弟子入り(アシスタント)・専門学校・独学

画像

漫画家への道は1つではありません。しかし、どんな形でもその技術を磨いていく必要はあります。
漫画制作のノウハウを学び、かつ収入を得るために、プロの漫画家にアシスタントとして弟子入りする方法があります。この場合は、直接プロの技術を目の当たりにし、プロの仕事を実際に体験できるので上達は早いです。アシスタントになるには、持ち込みを行い担当付きになった新人が漫画家に紹介される場合や、漫画専門学校からの紹介される場合もあります。
専門学校では、漫画の技術を基礎から学び、具体的なデビューの方法を指導しています。多くの専門学校が出版社とのパイプがあり、在学しながら編集者に作品を見てもらえる機会を設けています。プロより直接指導をしてもらえることも大きなメリットです。
現在では漫画の技術やヒット作を生み出すノウハウが研究されていますので昔より独学でのデビューは一番難しいでしょう。しかし、独学でも首尾よく編集者の目にとまれば十分デビューのチャンスはあります。

○ デビューの方法

漫画家デビューをするために、最も直接的で早道といえるのは、版元への持ち込みです。賞に応募するのとは異なり、複数の作品を同時に持ち込むことができ、1日で数社訪れることも可能です。よって、AがダメでもBでは評価されて担当が付くということもあります。持ち込みはハードルが高いように思えますが、編集者は常に新しいヒット作を求めているので積極的にアタックする価値があります。
同人作家として活躍している漫画家がデビューするケースも最近では増えています。同人経験のある作家は実際かなりの人数がおり、コミケのブースなどに直接編集者がスカウトに訪れる場合もあるようです。
新人賞はたとえば住まいが都心から離れており、直接持ち込みができない方にとっても大きなチャンスです。たとえ賞をとらなくても、応募作品の中から編集者の目にとまり担当が付くケースもあります。

○ 人気の新人賞一覧をチェック!

「手塚・赤塚2大漫画賞」は、大手出版社集英社の人気少年誌「少年ジャンプ」の新人賞であり、歴史ある、偉大な漫画家を生み出してきた有名な賞です。手塚賞はストーリー漫画部門で、赤塚賞はギャグ漫画部門。入選の場合はそれぞれ200万円の賞金と掲載権が得られるので、非常に大きなチャンスとなります。
「小学館新人コミック大賞」は大手出版社小学館の大賞で、児童部門、少年部門、少女・女性部門、青年部門に分かれています。特別大賞の賞金はなんと500万円。もちろん、作品は掲載されます。
新人コミックオーディションは同じく小学館の大賞で、全ての応募作をもれなく添削をしてくれますし、連載第1回を応募しても良いというより大きな可能性のある賞です。既にプロとしてデビューしていても応募可能なので、持ち込みの一貫として応募するのも良いかもしれません。

TOPへ戻る