漫画家の専門学校とは

○ 漫画専門学校の色々なコース

画像

漫画家と一口にいっても、その仕事は細分化されており、活躍するフィールドによって求められる能力が異なります。そこで漫画専門学校では、漫画家として総合的な能力を学ぶコースの他にいろいろなコースが用意されています。漫画原作者を目指しシナリオライティングやネームなどを学ぶコース、作画をメインにしたキャラクターデザインのコース、デジタル漫画の作成技術を教えるコースなどです。
学校によって得手不得手もあり、アナログの技術習得に向いている場合、設備はしっかり整っていてデジタルの技術習得に向いている場合、アニメ業界との太いパイプがある場合とさまざまですので、前もって自分自身がどのような方面を目指したいかは把握して学校を選択するといいでしょう。
自分が現在もっている技術によってもカリキュラムを確認して、自分に必要な技術や知識が得られるかどうかを把握する必要があります。

○ プロの技術や知識を得られる

漫画専門学校に通う大きなメリットは、通う数年間は徹底して漫画についてじっくりと学べるということです。多くの学校は、現在プロとして活躍している講師がおり、彼らがその技術と知識を丁寧に教えてくれます。最近では漫画制作にもデジタルが使われ、ツールを上手に使いこなすことも大切になってきていますし、多くの読者に伝わる漫画を制作するには物語作り、キャラクターデザイン、コマわりといった漫画作りのノウハウをしっかり学んでほうが有利です。
自分の作品に対してプロから直接アドバイスをもらえる機会が常にあるというのは、やはり専門学校に籍を置いているからこそ。入学した際には、その貴重な機会を十二分に生かして技術を磨きたいところです。

○ 大学取得や高卒資格を取りながら学べる通える学校もある

漫画家になりたいと思って、デビューを目指して漫画専門学校に通うわけですが、一方で夢を果たせなかった場合どうしよう。そんな不安も自分自身にも家族にもあることと思います。一般の企業に対して就活を行うことになったとしたら、漫画専門学校卒業というだけでは就職が決まらないのではという声も聞かれます。そんな方におすすめなのは、漫画について勉強しながらも大卒の資格や高卒の資格を所得できるコースです。これらのコースでは、漫画のこと以外の単位も取ることになりますが、そういった一見漫画とは直接的には関係のない知識でも作品の幅を広げるのにも役立つものです。資格を所得できることによって安心して漫画制作にも打ち込めます。

TOPへ戻る