漫画家になるための専門学校

かつては独学で勉強して賞を取ったり、持ち込みで認められたりすることで多くの人は漫画家になっていました。しかし、現在では、漫画家になるための専門学校があり、そこに入学することが一番のデビューへの早道とはいわれています。
漫画の専門学校では、漫画の技術や知識について基礎から体系的に学ぶことができ、まったくの初心者でも漫画制作ができるようになることを目指しています。さらに、シナリオライティングやネーム作りに特化した漫画原作者のコース、魅力的なキャラクターを描く技術の習得を目指すキャラクターデザインなど、それぞれの目指す進路によってコースは細分化されています。
多くの専門学校が版元や編集部とのコネクションをもっており、在学中で既にデビューするための技術や知識を学び、実際に見事デビューする生徒も少なくありません。業界でも基礎的な技術がしっかりとした専門学校生を歓迎しており、自ら学校へと出向いて、新たな才能の発掘に勤しむ傾向があります。

TOPへ戻る