漫画の専門学校で学ぶメリット

○ 基礎からみっちり学べる

画像

漫画専門学校に通う大きなメリットは、独学では学ぶことは難しい漫画の技術を基礎からみっちり学べることです。独学ですと、ともかく物語を考えて描くことになりますが、ペンの使い方、コマ割り、演出の仕方など、漫画にはいろいろな技術が必要なので、きちんとした基礎がないとどうしても魅力的な作品の制作は難しいでしょう。漫画専門学校では、学校ごとにそれぞれ体系的に漫画技術を習得できるようにカリキュラムを作っており、順に従って技術を向上させられます。独学でデビューした場合に比べて、基礎がしっかりして知識も豊富なので、そうした漫画家は重宝されるという面もあります。ただどのようなことが学べるかは学校によって異なるので、細かいカリキュラムも確認した上で学校選びをすることをおすすめします。

○ プロ漫画家から直接指導してもらえる

多くの漫画専門学校では、実際に活躍している現役の漫画家が講師をしていることが多いです。特別な講演会や品評会などのイベントだけではなく、クラス担当もプロが務める学校も少なくありません。プロに教わるメリットは、実際に現場で通用する技術や知識を伝授してもらえること、また、プロの目線から作品についてアドバイスをもらえることです。ときには、その言葉に落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、プロから作品について良い評価をもらえばそれはとても励みになることでしょう。漫画家を目指す上でできるだけでプロの現場の仕事に近づくことが大切です。その仲介役としてプロの講師がいるともいえます。入学した際は積極的にプロの講師との交流を図り、多くの知識やアドバイスを得ていくことがとても大切です。

○ デビューまでのサポートや就職サポートがある

プロとしてデビューするまでどうしたらいいのか、それは多くの方が悩むこと。新人賞や持ち込みなどは独学でもできますが、新人賞で目に止まるには、持ち込みの際どのようなことに気をつければいいかなどは分かりません。たとえ才能があっても、編集部の目に止まるような売り込み方ができなければデビューまでたどり着かないことが多いです。漫画専門学校では、デビューにむけて、その生徒一人一人に合わせてアドバイスを行い、サポートしてくれます。学校によっては、校舎に直接編集者たちが集まり持ち込みを受け付けるイベンドが行われたり、アシスタントとしてプロ漫画家に紹介したりします。
就職についても、入学当初より進路指導、キャリアプランニングなどを行い、学生をバックアップしてくれます。漫画専門学校では意外にも就職内定率がほぼ100%というケースが多いので、その点は安心できます。

TOPへ戻る