人気職種、イラストレーターとは

○ 絵やデザインが好きな人なら目指したい職種

雑誌の挿絵や広告の説明などに入っているイラストは、出版社や編集者、広告代理店のディレクターなどからの依頼で、イラストレーターが目的にあったイラストを描いています。私たちの身の回りを見渡してみると、ポスターや新聞広告、ダイレクトメール、リーフレット、雑誌、本、Webサイトなどあらゆるところにイラストが描かれていることに気が付くでしょう。
イラストを描くのが好きでいつの間にか仕事になった人もいれば、専門学校や美術系の大学で基礎を学んだ人もいれば、仕事上仕方なくイラストを描くことになった人など、その人の環境や置かれた立場によって、イラストレーターになる道は様々です。一般的には、自分の作品を書き溜めてそれを出版社や広告代理店などに持ち込み、PRすることで、イラストレーターの仕事を得ることが最初のスタートになります。
このサイトでは、イラストレーターを目指す人が知っておくと役に立つ基本情報について紹介しています。絵をかくのが好きな方、仕事としてイラストを描けるようになりたい方など、ぜひ参考にしてくださいね。

TOPへ戻る