イラストレーターの幅広いお仕事

○ イラストを描けると活躍の場がグンと広がる

画像

イラストレーターの仕事といえば、漫画雑誌、キャラクターデザインなどが頭に浮かぶかもしれませんが、活躍の場は出版業界だけにはとどまりません。たとえば、広告代理店などでイメージイラストを考えるプランナーだったり、アミューズメント業界でキャラクタービジネスを展開するデザインを担当したり、グラフィックゲームのコンセプトを考えるデザイナーへの道へ進むこともあるかも。
イラストレーターとして個人でコツコツとイラストを描くイメージがあるかもしれませんが、会社に所属して活躍しているイラストレーターもたくさんいるんですよ。イラストを描くときの発想力や技術は、企業から求められる専門技術の一つです。イラストが描けるデザイナーはさらに仕事の幅が広がります。

○ 選べる働き方。フリーランスor企業所属

イラストレーターとしての働き方には、フリーランスとして仕事を請け負う方法と、企業に所属してイラストを描く方法があります。会社員としての働き方を選ぶ場合には、クライアントの要望に合わせて幅広い範囲のイラストを描くことが多いです。フリーランスとして働く場合はそのイラストレーター独自のイラストのテイストがあるときには、広告代理店や編集プロダクションなどが求められるイラストに合わせて仕事を振ってくれることもあります。フリーの場合は営業活動や宣伝、スケジュール管理、事務処理なども行う必要があります。その分、責任も伴ったり手助けしてくれる仲間がいない場合にはストレスになったりしますが、自分が好きなペース配分で仕事ができるといったメリットがあります。

○ 下積み時代にイラストレーターの仕事の幅を広げよう

イラストを描けるとすぐ仕事をもらえるかというと、現実はそう甘いものではないのが仕事というもの。フリーランスで活躍しているイラストレーターも最初は、広告代理店や印刷会社のデザイン部門などで会社員として経験を積みながら独立を目指していることが多いです。その間に先輩イラストレーターからイラストを描く技術を学んだり、仕事を通してイラストの種類の幅を広げたり、社会人として必要な知識を身に着けたり、独立した時に必要になる人脈を広げているのです。美術展やコンクールなどの受賞歴も実績にはなりますが、納期がある仕事なのでフリーランスのイラストレーターに発注する場合は、イラストを発注する側の企業も、それまでの実績や経験を重視して仕事を依頼するのでイラストレーターにも下積み時代が必要になるんですよ。

TOPへ戻る